じゃすとレヴューちゃんがオカズ探しをお手伝い♡ 同人作品のレビューサイト
ご要望 ユーザー登録 ログイン
RJ036862 SPLUSH WAVE
2
0
新規レビュー 2019.12.28 レビュー更新 2020.01.03
総合評価
01.ストーリー
02.おかずに使えるか
03.イラスト/グラフィック
04.ボリューム
05.コストパフォーマンス
06.システム/UI
07.面白さ/楽しさ

同人抜きゲーでは「最適なゲーム」の一つとも言える作品でした

もしよろしければDLsite公式ページと合わせてご覧ください。


ゲームのあらすじ

エルフ王国の姫である「エルフェノーラ」と主人公「アーレン」は、仲睦まじい兄妹のような関係だった。

しかしダークエルフの忌み子として生をうけたアーレンは、王国内のほぼ全員から酷く冷遇されていた。

彼にとって、エルフェノーラは心の拠り所であり、密かに恋心を抱く存在でもあったが

王国の処置として彼女とは引き離され、隔離されてしまう。

その後、彼女と会えない事に失意し、ダークエルフの国へ逃亡。


そして長い月日が経ち、アーレンはエルフェノーラに助力を求められ、故郷である王国へ戻る事になる。

何も変わらないどころか美しくなった彼女を想いつつ、彼は王国を滅ぼす計画を実行しようとしていた。

そんなところからメインのゲーム部分が始まります。


ゲーム内容

姫を調教するシミュレーションゲームであり「性欲」「変態」「愛情」の3項目数値を上昇させ

彼女を変えていく事がメインです。スタミナを消費し、調教を選択していきます。

朝パート、夜パートに分かれ、20日間で強制的に終了です。

一周で全シーンコンプリートはできません。

しかし、ルートクリアのやり方が「裏マニュアル」としてスタート画面に用意されていますので

シーン回収に苦労はしません。


ここが魅力

一つ目は、主人公が比較的爽やかで潔い人物である事です。

大抵の調教モノは相手を貶め凌辱する事が前提となる為

暴力的だったり、胡散臭かったり、暗かったりするものですが

主人公アーレンは、ルートに左右はされるものの

姫や恩人に頭が上がらなかったり、恨み節があまりなかったり

王国が滅ぶ、とは言っても滅ぼしたい、とは言わなかったり(姫が欲しい一心)

どことなくオリジナリティある魅力を感じます。


また、レビュー上では一連のエロを「調教」と書いておりますが

物語上では、アーレンが「20日間だけ愛させてくれ」と告白をし

姫が条件付きで許しているので

内容は明らかに調教でも厳密には違う、というところも

他にはあまり見られない魅力かもしれません。

純愛ルートの為なのだと思います。


二つ目は、この作品が抜きゲーマーをよく考えてくれたゲームと感じられる事です。

DLsiteのレビュー欄に丁度挙がっているので名前を出しますが

「戦乙女ヴァルキリー」で、レイアのレベルが5に行かず、苦しんだ事はありませんでしたか?

分岐条件が分からずいつまでも埋まらないレイアのルートがあったりしませんでしたか?

「姫騎士アンジェリカ」は・・ヴァルキリーの説明だけで十分ですよね。

要するに、早く堕としたい、シーンを見たい、けどゴールが見えなくて遠いのです。


そしてこの「White Lady」は、「ヴァルキリー」と作品の方向性は同じでありながら

①分岐の目安、ゴールへの道が見える(進捗度数値の可視化と調教の色分け)

②調教ゲーの割に短時間で一周クリア出来る(キャラ等の説明が簡潔で見直しと理解が手軽)

③それでいて、ヴァルキリー等の名作調教ゲーと似た空気を味わえる


そう見ると、抜きゲーマーの私としては、上記商業エロゲとは似ているようで種類の違う

オンリーワンの快適性とエロさを持ったゲーム仕様ではないかな、と思うのです。

勿論、商業エロゲは様々な面での質が売りですから、ゴールが多少遠いのは良い事です。


星5評価でない部分について

①ボリューム

純愛系でないルートのシーンがやや少なく、又、一部調教で重複CGが若干目立ち、不足感があった事

ただし、重複CGは調教の段階変化を明確にするので、Hシーンとしてプラスにも作用していた。

使えるシーンが多かったのでレビュー上数値は4だが、プレイヤーの好みに合わなければ数値は確実に落ちる

②システム

調教パートでしかセーブ出来ない事。

ログの追い方が「ログ」ボタンを押して矢印で一つ一つ遡る形式であった事。

選択した調教が既に実行済みだった場合に短い重複シーンが入るが、そのシーンがスキップ不可になる事。


少しだけ補足

DLsiteサムネ内に褐色の女性がいますが、相方枠のダークエルフです。

主要人物なのですが、あまり話に関与して来ない為キャラが立っておらず、記述する事があまりありません。

ゲームを進めていくと調教パート画面で彼女に会う選択が発生し、それを選ぶと専用ルートに入れます。

キャラが立たなかった残念さよりも手軽に進展していくエロシーンが見れて

良かった、と個人的には思っています。(調教枠になると分岐の複雑化は確実)


もう一つとても大事なことが。声優さんがとても上手です。

呂律の回らない演技や喘ぎのアドリブに興奮しました。

基本的に声は不要と考えがちなのですが、声ありで良かったです。

この作品の販売ページへ この作品の他のレビューを見る

総合評価が低いレビューです。厳しい表現があるかもしれません。

表示してよろしいですか?

COMMENT
コメントを書くにはログインが必要です

カテゴリー

レビュー数

注目ランキング

0
いろいろととんでもない超大作
0
同人抜きゲーでは「最適なゲーム」の一つとも言える作品でした
0
私はNTRが苦手です。「絶対に」レビューを鵜呑みにせず、拡散せずご自身で判断して下さい

TOP レビュアー

レビュー数

人気タグ