レビューガイドライン

どんなレビューをすれば良いのか迷ったらご参考にどうぞ!

レビューの書き方ポイント

ゲームを一行でまとめて最初に提示する

例えば巫女ヒロインの異種姦物アクション、ハゲマッチョのレイプ行脚RPGなど

主人公とメインシチュとゲームジャンルが分かればどんな同人ゲーかおおよそ説明できます

レビュータイトルが思いつかなければ、これをタイトルにしてしまうのもありです

書きたい部分から書いていく

こういうエロシーンがあったから推したい、面白いシステムだった、こういう所が不満だなどなど

まずは筆を進めることで、きっとレビュー書くモードになれます

これだけ書いて終わりでもOK!

CGはいくつ、ボスは何体、こんなエロがあるなど、具体的な事を示す

閲覧者にとって客観的なデータはいくつあっても困らないところです

同時に、調べれば良い部分なのでレビュワーにとっても書きやすい情報となります

好きなエロシーンはなるべく書く

無理そうならキャラ推しでも

一番のアピールポイントとなるので熱いもの(意味深)をどうぞ

不満点はどんどんダメ出しをする

小さな不満でも他の人にとっては致命的かもしれませんし、

作者の耳に入れば改善され、より良くなるかもしれません

気になった事はどんどん書きましょう

メモしながらプレイをする

最初からレビューを書くのが目的ならとてもオススメ!

データの取り直しに再プレイする必要もなくなります

エンディング頃には忘れがちな途中の不満点や快適だった点なども記録しておけるので助けになるでしょう

各項目の評価

ストーリー

世界観、設定、キャラクターなど、物語としての評価

えっちなシーンの描写を演出するために欠かせない要素です

おかずとして使えるか

えっちな作品として見た上での評価

イラストやテキストはもちろん、回想部屋など使いやすい工夫がされているかも考えたいですね!

イラスト&グラフィック

イラストやゲーム中のグラフィックなどの評価

アニメーションする場合はその滑らかさなどはどうでしょうか

素材を使っている部分のセンスなどもここで!

ボリューム

えっちなシーンの多さや、ゲームとしてのプレイ時間の評価

単純に要素数が多いゲームはもちろん、別キャラを使うなどで多角的に楽しめるゲームなら高くなります

コストパフォーマンス

値段に対する作品の質の評価

値段の割に楽しめた、長く遊べたという作品ならこちらを上げましょう

価格や評価が低いけど、一点が優れているため良作となる場合があるかも!

システム/UI

戦闘、成長などゲーム部分のシステムと、それを操作するUI部分の評価

独自システムを採用し、そのシステムが面白くて使いやすいなら高くなります

メニュー画面の検索性、拠点、回想マップの使いやすさなどもここで考えてみましょう

面白さ/楽しさ

純粋にゲームとして見たときの面白さ/楽しさの評価

ゲームバランスなどはどんな印象でしょうか?難しすぎず簡単すぎず、自分で難易度を調整できるものは好きですか?

内容が簡単で単調だったり、やり応えがあっても先に進むのに時間が掛かりすぎたりしませんか?

あなた自身の感想、直球でどうぞ