じゃすとレヴューちゃんがオカズ探しをお手伝い♡ 同人作品のレビューサイト
ご要望 ユーザー登録 ログイン
RJ125993 さーくる亀
0
0
新規レビュー 2019.03.09 レビュー更新 2019.05.10
総合評価
01.ストーリー
02.おかずに使えるか
03.イラスト/グラフィック
04.ボリューム
05.コストパフォーマンス
06.システム/UI
07.面白さ/楽しさ

NTR系エロRPGの教科書として推したい作品

エロRPGのお手本とも言える作品。
性欲度を始めとしたエロステータスに、使用部位をカウントしたリザルト、戦闘エロの発生、状況が反映される立ち絵とエロ衣装など、エロRPGに必要と思われる要素はすべて詰め込まれている。
レイプ、NTR、腹ボテ、脅迫、売春……それらが性欲度やシナリオの進み具合でエロイベントが進行するのが非常に良い。
シーン回想も63と非常に多くボリュームは問題なし。
エロテキストも長すぎず短すぎず情緒に満ちた内容で使い勝手は良いと思われる。
メイン属性はNTRであるが、陵辱色も強い作品であるのでそちらに期待して購入してみるのもよいだろう。
1600円台とやや値が張るクラスではあるが、中身を鑑みるにコストパフォーマンスは優れていると思われる。

ストーリーは……一応過去作や次回作と繋がってはいるのだがそう気にしなくても問題ない。
この作品のメインはストーリー中に起こるエロイベントだと思われるので、そこまでストーリー本編は気にせずとも良い。せいぜいボスを倒しにRPGしている程度でも然程問題はない。だがあえて感想を書くとすれば、一時期のAC○IONで跋扈していそうなシナリオだなとは書き綴っておく。

RPGのシステム部分はそこそこ凝った作り。
アクセサリを装備して戦闘で得られる特定ポイントを貯めるとそのアクセサリのスキルを習得できるようになったり、召喚獣として仲間を増やしたりなどなかなか面白い。
戦闘バランスはやや大味さはあるが、工夫次第で楽に進めるのでRPG部分の評価はそこまで悪くはない。悪魔の首飾り等のデメリットはあるがメリットもある装備でワンチャンにかけるなどと言ったプレイのほうが序盤はいいだろう。

グラフィックはとある所で色々と話題に尽きない尚たかみ。
とは言え、商業誌にも掲載されたり単行本も出している作家である。加えてこの時期のグラフィックは表情が汚れてはいないため使える部類だと思われる。個人的には星5でもいい気はするが、昨今のグラフィックレベルと比較して星4にしておく。

難点としてはゲームの不安定さだろうか。
上述した召喚獣を多数引き連れているとフリーズを引き起こしかねなかったり、その状態のまま続けているとふとした途端にエラーが発生するといった症状が起こる。それ以外でもやや不安定なきらいはあるので、セーブは頻繁にとっておきたい。
また、このサークルの前作や次作、サークル作者の言動を知っている人間からすればもっと書くべきことはあるのだろうが、この作品に限っては既にそれが終わったことであり、ほぼほぼ完成品として成っているのでこれ以上のツッコミは控えておく。
2019年現在としてみれば、非常に量と質に優れたお手本のようなエロRPGであることは紛うことなき事実だからである。

発売日が2013年とだいぶ前の作品にはなるが、それでも尚おすすめしたい作品。
価格は1600円台と少々値が張るランクではあるが、それでも後悔させない作りである。
この作品の販売ページへ この作品の他のレビューを見る

総合評価が低いレビューです。厳しい表現があるかもしれません。

表示してよろしいですか?

COMMENT
コメントを書くにはログインが必要です

カテゴリー

レビュー数

注目ランキング

0
戦闘エロでロリ巨乳を堪能する短編作品
0
見た目だけはいい
0
広大すぎる町で住民の悩みとお腹の張りを解消して歩くRPG!人妻モノの本作は通常エロも飛躍的に強化!

TOP レビュアー

レビュー数

人気タグ