じゃすとレヴューちゃんがオカズ探しをお手伝い♡ 同人作品のレビューサイト
ご要望 ユーザー登録 ログイン
RJ232291 つきみたけ
0
0
新規レビュー 2022.10.26 レビュー更新 2022.10.26
総合評価
01.ストーリー
02.おかずに使えるか
03.イラスト/グラフィック
04.ボリューム
05.コストパフォーマンス
06.システム/UI
07.面白さ/楽しさ

男の娘と魔物娘のほのぼの、ハード凌辱マルチシナリオRPG


魔族に殺された生徒のため、学園長に命じられて退治に来たマハとモリアン

森に住む魔族たちと対話するか、有無を言わさず退治して事件を解決するストーリー


戦闘高速化:〇

どこでもセーブ:〇

回想全開放:〇 トゥルークリア後

取り返しのつかないエロシーン:〇

クリア後要素:〇

強くてニューゲーム:〇

エンカウント:追尾ありシンボル

敗北時:拠点に戻る




・ゲーム面


1つのダンジョンを進みながらボスを倒していくRPG

メインのボス討伐の他、アイテム回収や脇道のボスを倒していく依頼も酒場で受けられる

拠点の村内とダンジョン各所にワープがあり、移動は容易


パーティは基本魔法使い1人

主人公のマハは回復魔法を覚えないので、回復アイテムが常に必要になる

道中は単純で敵シンボルの動きも遅く、探索はしやすい方

ただし一部のイベントは見逃すと消滅するものがあるので注意が必要



物語の序盤で大きくストーリーが分岐する

最初のボスに敗北した場合と、勝利して非情な選択をした場合でそれ以降が全く違う展開になる

回収できるエロイベントとエンディングもすべて違う


マルチエンド制だが、片方は実質バッドエンド

バッドエンドの場合できるのは周回のみで、トゥルーに行くと回想全開放、クリア後世界の探索、任意での周回ができる

周回時の要素は全て引き継ぎ




・エロ面


回想数は48

前述の通りルートで見られるエロイベントが異なる

片方はマハと魔物娘の受けエロ、もう片方はモブ男と魔物娘のリョナかハード凌辱

モリアンとは純愛エロになるが、選択によっては寝取られ凌辱エロが発生する


凌辱の方は勝つことで発生するので、どんどん進んでいけば取り逃す要素はない

受けエロの方は敗北した場合に3回エロイベントが発生し、すべて見ると進めるようになる

途中で勝った場合も進めるが、残りのエロイベントは発生しなくなってしまう



モリアンの寝取られは回避可能で、他のイベントにも影響はない

また寝取られとメインストーリーは関係がなく、寝取られた状態でもストーリーの展開は変わらない

寝取られエロが発生する直前には不穏な雰囲気という警告があり、Readmeに書かれた対応に従えば回避できる


ただしその前の段階で手コキエロが警告なしで出るので注意が必要

寝取られが苦手な方は、森の中に?マークで出現するモリアンのイベント自体をスルーした方がいい

前述の消滅するイベントはこれで、最初の1つを無視するとそれ以降のイベントが見られなくなる



ボスを含め、仲良くなった女性キャラとはデートができる

連れ歩く事で戦闘に参加してくれる他、特定の場所で会話、エロイベントがある

サブイベントのボスには参加してくれるが、メインイベントのボスに連れて行く事は出来ない


回想部屋は序盤から使用可能

見られるのはイベントのみだが、再生前に1枚目のCGが表示される

全開放はトゥルークリア後で、未入手の回想を1個1個買う形式

一部のバッドエンドは買わないと登録できない




・感想


可愛らしい絵柄に反してややハードなストーリーとエロが特徴の作品

正規ルートはキャラによってハードな攻めがある程度だが、後半のストーリー展開はシリアスそのもの

もう1つのルートは終始リョナも含むハード凌辱が続き、根本の問題が解決しないまま終わる


エロはマハと魔物娘の絡みをしっかり描いてくれているのが利点

尿道責めや搾精器官による激しい攻め、甘々の本番シーンもあり抜きどころは多い

凌辱シーンも全て精液まみれの事後CGがあり、凌辱物としても質が高い


寝取られについては、心まで奪われる描写はない事から寝取られ感は薄く、ただの凌辱ではないかという印象もある

だがタグのない作品に出てくるため、詳細に回避方法や展開の違いを書かせてもらった



戦闘難易度は普通

マハは素早さと魔力が高い速攻型の魔法使いなので、雑魚敵を手早く焼いていける

ボスはやや強めで、回復アイテムやバフデバフが重要

直前に大抵ボス対策の装備が落ちているが、それでもレベル次第では苦戦する


そもそも片方のルートは負けても途中まで進めるので、敵を回避しながら奥まで進む事もできる

その場合、ラスボス手前まで行って勝てないと全回復ポイントなしでレベリングをする必要があるので注意が必要



要素の多さから、それぞれのポイントが浅いのが欠点

魔物娘ハーレムものとしては、それぞれの関わりの薄さやキャラ格差がある

特に凌辱ルートでは仲間意識があって敵対するにも関わらず、正規ルートで連れて行っても特にイベントがないのが残念だった


シーン数は基本1人につき5シーンだが、1人4シーンで他のキャラにイベントが回されているキャラがいる

一部前戯のみで、本番がないキャラがいるのももったいない


メインヒロインのモリアンの扱いもやや希薄

寝取られを扱いながらマハとのエロシーンを見ているかで差分が無かったり、メインストーリーに一切反映されないのはどうかと思う

マハが魔物娘とイイ関係になっていることも、最後まで悟らないままになってしまっている

一つ一つのシーンの質は高いが、好みが分かれる強い描写が詰められているので全てを楽しむのが難しい作品になってしまっていると感じた



ブログに攻略あります

http://203173096925517.blog.fc2.com/blog-entry-231.html



この作品の販売ページへ この作品の他のレビューを見る

総合評価が低いレビューです。厳しい表現があるかもしれません。

表示してよろしいですか?

COMMENT
コメントを書くにはログインが必要です

カテゴリー

レビュー数

注目ランキング

0
のじゃロリ巫女のオープンフィールドRPG
0
序盤で力尽きたボリューム不足テーブルトーク風RPG
0
現代女子高生の触手とレズにまみれた異世界探検

TOP レビュアー

レビュー数

人気タグ