じゃすとレヴューちゃんがオカズ探しをお手伝い♡ 同人作品のレビューサイト
ご要望 ユーザー登録 ログイン
VJ001051 ブルーゲイル
2
2
新規レビュー 2019.07.21 レビュー更新 2020.06.02
総合評価
01.ストーリー
02.おかずに使えるか
03.イラスト/グラフィック
04.ボリューム
05.コストパフォーマンス
06.システム/UI
07.面白さ/楽しさ

ゼロ年代一流の紙芝居

典型的なノベルゲームで、魅力的なストーリーとキャラクターを音楽やCG付きでこれでもかと魅せてくる。
今では紙芝居と揶揄する者もいるジャンルだが、これは紛れもなく人の心を動かせる最高の紙芝居だと言いたい。
発売ブランドのブルーゲイルは現在では完全な抜きゲーブランドで、この作品はかなり浮いているが、抜き以外の面で言えばブランドの中でもかなりの傑作ではないかと思っている。

主人公の堤伊之助はバンドマンでちょっとした風邪かと思いきや、なぜか入院する羽目になってしまい、暇を持て余しながらも入院生活では子供に好かれたり、看護婦さんと仲良くなったり、そこそこ楽しんではいるが音楽活動こそ自分の生きる道だと暇な日々に不満を抱いている青年。
病気に関してはルートごとに変わってしまうのだが、そのルートも中々豊富で、とにかく主人公がカッコいい!病気等に苦しむヒロイン、自分自身が苦しむ病気、それぞれに対する態度がプレイヤーではなく(選択肢による介入はある物の)伊之助自身の哲学、美学で貫かれている。
当時のギャルゲーの主人公としては珍しい位キャラが立ちまくっている伊之助だが、この作品主人公がバンドマンという事もあり、エロゲソングとしては珍しい男性ボーカルも採用されている。
この中で最も重要な曲こそ、タイトルにも採用されている「Treating2U」だが、作詞からシナリオを作ったのか、シナリオから作詞したのかは分からないが、伊之助がどんな道を行こうと作中で伊之助の中から生まれた曲が「これ」なのだというのが尚更伊之助をかっこよくしている。

エロに関してはストーリー重視のエロゲーという事もあり、正直かなり薄いが、こういう路線の場合はエロの薄さは減点対象に値しないと見る。

ただ会社規模もあろうが、バンドマンを主人公にしてる割に曲の総数は13曲(ボーカル2曲)と決して多くないが、舞台が病院という事もあり場所は広い範囲ではないし雰囲気に合った曲は十分そろっている。
CGに関しては上手いのだが、時代的に解像度が流石に低い、4Kディスプレイなんてもんまである時代では流石にこの解像度は気になる。

ストーリーやキャラの掛け合いはかなり面白く、現在ではこういうのはラノベが請け負っている部分だが、ノベルゲームという事で曲やCGが付き、旧作という事でリーズナブルな価格で楽しめる名作。
先に述べたようにCG解像度等の不満点は多少あるが、主人公のカッコいいエロゲーを見たいならかなりおススメ。
この作品の販売ページへ この作品の他のレビューを見る

総合評価が低いレビューです。厳しい表現があるかもしれません。

表示してよろしいですか?

COMMENT
コメントを書くにはログインが必要です

カテゴリー

レビュー数

注目ランキング

0
大幅バージョンアップしても未だ低価格な人外逆レイプRPG
0
事務的シコシコボイス、完走した時の快楽はすごいけど…
0
だらしない体型の熟女の売春デビュー!

TOP レビュアー

レビュー数

人気タグ