じゃすとレヴューちゃんがオカズ探しをお手伝い♡ 同人作品のレビューサイト
ご要望 ユーザー登録 ログイン
RJ246037 ONEONE1
12
2
新規レビュー 2019.07.26 レビュー更新 2019.07.30
総合評価
01.ストーリー
02.おかずに使えるか
03.イラスト/グラフィック
04.ボリューム
05.コストパフォーマンス
06.システム/UI
07.面白さ/楽しさ

2019年7月売上最高のエロRPG

タイトル通りなのであまりレビューする必要はないと思われる。
画像良し、ボリューム良し、回想数良し、プレイ内容良し、とほぼほぼ揃っているからだ。
「知ってる」「買ってる」等がほとんどであろう。
今回からはNPCエロ回想まで完備されたためスキはない。要望を送ったかいがあったものだ。

本ゲームはエロ同人という括りではあるが、ほぼ商業エロゲーと考えて良い。
それだけの値段とボリュームと安定感がある。むしろ単純なボリュームだけで言うなら商業以上だろう。
なので、4万も売り上げたソフトながらもまだ買ってない人のため……ついでに重箱の隅をつついていきたいと思う。

RPGシステムとしては大したことはない。
基本理念が「ツクールでエロを表現した」であって「エロRPGとして作った」とはややいい難いものがあり、実際のところは結構ADVノベルに近いものがある。
パズル的な工夫や数値の管理など、RPGで楽しむ要素は殆どない。イージー要素まであるためそれが顕著である。
シナリオもONEONE1製RPG従来のものであり、いくつかのチャプターに分かれ、そこで発生する任務成功でルートが分岐するシステム。良く言えば実家のような安心感、悪く言えばいつものである。

プレイ内容は陵辱寄りであるが、かなり記号化されており情熱はあまり感じ取れない。
だが、それは癖がなく王道的なエロということでもあり、そこに安定感があるのだろう。
挿入は挿入、セクハラはセクハラだ。両方やらなきゃいけないのが業を背負った二次元性陵辱エロRPGサークルの辛いところではあるが、そういった拘りや覚悟は存在しない。個人的なことを言えばもっと獣性を出して欲しいところである。挿入しながら乳もんだり吸い付いていけ。

また、個人的なことであるが、シリーズが進むごとに塗りが少々手抜きになっている感がある。

とは言え、ハイクオリティかつ抜群の安定感なのでそんな事はどうでもいいことである。
実際エロRPGとしてはお手本と言うかほぼ完成しているので、買って損するということはまずないだろう。
値段は2700円と相当張るが、相応のクオリティと安定感が約束されているのだから。
この作品の販売ページへ この作品の他のレビューを見る

総合評価が低いレビューです。厳しい表現があるかもしれません。

表示してよろしいですか?

COMMENT
コメントを書くにはログインが必要です

カテゴリー

レビュー数

注目ランキング

0
福袋のハズレみたいなゲーム
0
こだわりを感じる触手メインの異種姦陵辱物
0
重厚ストーリー&豊富なCGが特徴の3人娘RPG

TOP レビュアー

レビュー数

人気タグ