じゃすとレヴューちゃんがオカズ探しをお手伝い♡ 同人作品のレビューサイト
ご要望 ユーザー登録 ログイン
RJ138113 げえむ工房
1
0
新規レビュー 2021.08.22 レビュー更新 2021.08.22
総合評価
01.ストーリー
02.おかずに使えるか
03.イラスト/グラフィック
04.ボリューム
05.コストパフォーマンス
06.システム/UI
07.面白さ/楽しさ

ACTとして出したのが間違いの出来

ドット絵のエロさに惹かれて購入したのを後悔する出来。アクションゲーでプレイしていてここまで全面的に出来の悪いのは初めてだった。

プレイ中うんざりし、リアルに疲れるACTなんて初めての経験である。金輪際御免被りたい。

というか、この出来で値段が2K近くするのはボッタクリだろう。今ならこれより安い値段でもっと良質な物が買える。

あまりに腹が立ったので鬱憤晴らしも兼ねてここに問題点を列挙させてもらおうと思う。まったくひでぇ地雷もあったもんだ。


リアルで体力が消耗する

今作の仕様として敵モンスターに触れると拘束され即陵辱される。一応方向キーの左右を連打することで拘束から抜け出せるのだがこれがわかりにくい。普通のエロACTなら拘束解除された場合そこで行為が中断されるので脱出できたとわかるのだが今作は最後までやられてしまうため一見すると失敗したようにしか見えない。だが、実際は最後までヤラれた時点で脱出したということになってる。最初めちゃくちゃ混乱した。

脱出時にも脱出ゲージの類が存在しない為あとどれだけ連打すればいいかわからない、連打したとて溜まってるのかもわからない、その上前述の仕様のせいで脱出失敗したのかと勘違いするというのも相まってとにかく連打連打連打! 頻繁に拘束されまくるゲームの仕様のせいでプレイしている時間の大半が左右を連打している時だと思う。とにかく連打しまくるのでリアルで体力が消耗する。

右往左往してるのはゲーム性だってのにな。

一応救済装置として体力や必殺技(ベルトスクロールにおけるメガクラッシュ的なもの。ただし拘束中という最も使いたい時に使えない)の回復コマンドや受けるダメージの調節機能がある。がまともに機能しているとは言い難い。

前述の問題点の前ではゲーム内の体力など何の意味も無いので。

そんなもん入れるくらいなら体力回復じゃなく無敵にしとけや。

なお、コンティニューは無限にできる為、体力は実質ゲームオーバー画面を観るためだけに存在する。が、ギャラリーのせいでそれも……。


あまりにももっさい動作とバカでかい当たり判定。拍車をかける敵の出現数と硬さ。

自機は当たり判定が大きい上に動作が鈍すぎる。上記の拘束ゲーと相まってとにかく捕まりまくる。これだけ捕まりやすい仕様にもかかわらず

敵の出現数などのバランスが放棄されているため、物量で押し込まれる。回避不能なパターンが平然と何度も発生し、また連打! もう嫌だ。

こいつは俺の右手をぶち壊したいのか? それとも左右キーになんか恨みでもあるのだろうか? 

特に3面の蜂はイカれてるのかと思った。こいつは画面上部から出現してくるのだが頻繁に自機の真上から出現するというアホみたいなスポーンの仕方をする。このゲーム、飛び道具は無く真上に対する攻撃が必殺技のみ。しかも回数制限がある。

なので使い切ると対策がなくなり拘束が確定するという……逃げる? いや、両側にも敵がいる場合が殆どなんですわ。結局蜂に捕まるか、左右の奴に捕まるか、あるいは地面のヤツ(こいつは動かないが半透明で見えにくい上に他の連中から犯された後に発生する無敵時間を無効化して拘束してくる。つまり、迂闊に動くと蜂に捕まった挙げ句こいつにも犯されるというハメをくらう)にとっ捕まるかという絶望の三択を迫られる。

拒否権はない。ノー。

更にこの雑魚共、無駄に硬い。耐久力は最大でも3だが、出現数と釣り合っていない。硬すぎる。

一発で倒せるのが蜂だが、それでも隙のでかすぎる空中攻撃じゃないと一撃で倒せない。もし倒せても後隙を狙われてとっ捕まることもしばしば。前だけじゃなく後ろからも出現する事があるが、たまに前後同時に出現するパターンがある。こうなると必殺技以外で回避は不可能。


釣り合わないボリューム

ステージ数は6つ。普通のACTでは普通くらいの数だが、今作では寧ろ多すぎるレベル。なんせプレイ中大部分が拘束されてるので無駄に時間がかかる。そのくせステージそのものが単調極まりなく敵の種類も少ない。おまけにステージ自体がやたら長い。

特殊なギミックなど何もなくひたすら平坦な道をランダムに出現する敵をかわし犯され、かわそうとして犯され、また犯される事を繰り返す。

ただでさえ冗長なのにもかかわらず拘束ゲーのおかげで更に時間が伸びる。あまりにも酷いので後半から上記の必殺技回復コマンドを解禁し、敵を見つけたら必殺技を放ち回復を繰り返すという何が面白いのかわからんプレイとなっていた。

3面とラスト面のみクリア条件が異なり3面は一定数の敵を倒すのが目的なのだがこれがまた無駄に多い。敵の硬さも相まって更に長く感じる。

下手に動き回ると拘束される恐れがあるため隅っこで亀のようになりながら近づいてくる雑魚を倒すという爽快感もクソもない作業を強いられる。

更に酷いのがラスト面。ラスボス的な存在を倒すことが目的となるのだが、こいつは最初ステージの一番奥で待機しており、凄まじいスピードで一定範囲内をうろつき回っている。で、なんとかダメージを与えるとなんとこいつ、ステージの最初の方にワープしやがる。

つまり、こいつを倒すまで何度も平坦な道を往復させられる事になる。道中雑魚は相変わらず出現しトラップ的なキャラもいる道を何度もだ。

しかもこれまた硬い。そりゃもう無駄に。正確に数えては居ないが七~八回ぐらいだったと思う。つまりその回数だけ往復させられる訳だ。

堪らんよ。

というか、無駄に時間がかかるような仕様にしてプレイ時間増やしてボリューム釣り上げてるんじゃないか? まともな操作より左右乱打してる時間の方が長かったぞ?


色々不親切な仕様

上記に記したとおり、脱出ゲージが存在しないのでどれだけ連打すればいいかわからない。

道中どれだけ進んでいるのかという進捗を示す物がないため今何処にいてどのぐらい進めばいいのかわからない。

敵の数に対して必殺技の使用回数が釣り合っていない、というか拘束時という一番使いたい時に使えない。

無敵時間の意味不明な仕様。頻繁に犯されるゲームでこれは訳わからん。

初期キーの配置も意味不明。方向キーは普通なのだがなぜか攻撃がShift、ダッシュがCtrl、必殺技に至ってはなんとEnter……咄嗟に押せるかバカ。

一応キーコンフィグ自体はあるので変更できる。


難点ばかり挙げ連ねるのも何なので一応評価点も。

ドット絵自体の質は高め。ドット絵ながらもむっちりとした肉感が表現され胸が派手に揺れたりとエロさは十分実用レベル。アニメーションの出来も高くヌルヌル動く。

特に胸を搾られる時の乳房が歪む描写は素晴らしい出来だと思う。

ただ、量が少なすぎる。頻繁に拘束されるのに量がない。捕まるのが1、2回じゃ済まないのに肝心の描写が全然足りていない。

これじゃすぐに見飽きる。


一応ギャラリーモードが最初から解除されている。作者も本編の方がおまけとわかってるのだろうか?

これのせいで本編をやる価値が一切なくなってしまうのだが……。 

流石にエロドット動画集に2Kは高すぎると思う……。


以上と言ったところか。

ゲームとして作ったなら作者はまず楽しませる努力をしましょう。

難易度の高さというのを手抜きの言い訳にしないでいただきたい。

つーかさ、下手にろくでもないゲーム性突っ込むくらいなら始めからCG集か動画として出しとけっての。値段も安くしてね。


この作品の販売ページへ この作品の他のレビューを見る

総合評価が低いレビューです。厳しい表現があるかもしれません。

表示してよろしいですか?

COMMENT
コメントを書くにはログインが必要です

カテゴリー

レビュー数

注目ランキング

0
のじゃロリ巫女のオープンフィールドRPG
0
町エロ中心のローグライク
0
序盤で力尽きたボリューム不足テーブルトーク風RPG

TOP レビュアー

レビュー数

人気タグ